♪ ガミ流?ブログ ~音楽・作曲・理論 etc.~ ♪

作曲活動をしているRyuto Ikegamiが独自の視点で、曲作りのこと、コードのこと、気になった音楽のこと…など【音楽】に関する内容を語る場です。

代表的なコード進行のサウンド感をつかもう!

ご覧いただき有難うございます。

今回も前回に引き続き、コードに対する音感のつけ方をご紹介していきます。

 

自分で作曲していて、何となく周りの響き(コード感)が浮かんでいて、その思い通りにコード付けが出来るようになりたい。そのためには

コードの種類判別ができる相対音感

コード単体に対する絶対音感

コード進行に対する相対音感

ベースラインが聴き取れる音感

を身に着ければ良いということでお話ししました。

今回は③について。

 

 ☆色々なコード進行を知る

以前の記事(コードについて① ~作曲の上で必要な基礎知識~ - ♪ ようこそ!ガミ流 音楽室へ ♪)で、作曲の初心者向けに、基礎的なコード・パターンを覚えるように提示させていただきましたが、それだけではなく実際の曲によく出てくるコード進行を覚えてしまった方が、聴き取る力をつけるには効果的です! いくら音感(聴き取れる能力)をつけるとは言っても、その土台として理論的な知識は必要です。いくつか代表的なものを紹介しておきます(ディグリーネームとkey:C(またはAm)でのコードワーク両方を記載しておきます)。

*また、あわせてバリエーション違いも載せています。いわゆる「リハーモナイズ」についてはまた追って紹介すると思いますが、少し発展させたコード付けが出来るようになると単調さが無くなって、よりサウンド感を深めることが出来ます(後ほど掲載の動画でも分かりやすくご覧いただけます)

 

Ⅳ―Ⅴ―Ⅲm―Ⅵm《F―G―Em―Am》

王道進行」と言われるほど、大部分の曲では使われています。何よりも「聴き取れた!」という自信をつけることが大事なので、「どの曲にもどこかしらに入っているんじゃないか」という位、頻繁に登場するこの進行からおさえておくことをオススメします!

*バリエーションの例:

★Ⅳ△7―Ⅴ(7)―Ⅲm7―Ⅵm《FM7―G(7)―Em7―Am》

★Ⅳ―Ⅴ―Ⅲ7―Ⅵm《F―G―E7―Am》

★Ⅳ△7―Ⅴ(onⅣ)―Ⅲm7―Ⅵm《FM7―G/FEm7―Am》

 

(↓参考記事)

www.mybib-o-rock.com

 

 

Ⅱm7―Ⅴ7―Ⅰ《Dm7―G7―C》

 Ⅱm7(♭5)―Ⅴ7―Ⅰm《Dm7(-5)―G7―Cm》

いわゆる「ツー・ファイブ・ワン(Two-Five-One)」進行。終止に向かう進行としてよく使われる。

 

*バリエーションの例:

★Ⅱm―Ⅴ―Ⅰ(3和音でもダメではない)

★Ⅱm7(-5)―Ⅴ7―Ⅰ(マイナーに行くと見せかけてメジャーで終わる=ピカルディ終止

★Ⅳ△7―Ⅴ―Ⅲm7―Ⅵ7―Ⅱm7―Ⅴ7―Ⅰ(上記①との組み合わせ)

★Ⅱm7―Ⅱm7(onⅤ)―Ⅰ《Dm7―Dm7/G―C》(1番目のコードをキープしながらベース音だけ変える手法。2番目は Ⅴ7sus4(9) 的なサウンド感。)

 

f:id:gamiryu511woodcompose:20180510210231j:plain

 

一時転調のテクニックとして「ツー・ファイブ・ワン」を何回も用いることもあります。特にJazz系統では好まれる傾向にあります。

(例) |C   |Bm7(♭5) E7 |Am(7)  |Gm7 C7 |

    |F G |Em Am |Dm7 G7 |C   |

【key:C→Am→F→C】

 

(↓参考記事)

www.mybib-o-rock.com

 

Ⅰ―Ⅶm7(♭5)・Ⅲ7―Ⅵm

《C―Bm7(-5)・E7―Am》

上の例にご紹介した「ツー・ファイブ・ワン」を使った進行です。すぐ上の印の(例)にあるように、調号が同じ平行調(平行短調)へ一時転調するテクニックとして用いられます。ダイアトニック・コードコードについて① ~作曲の上で必要な基礎知識~ - ♪ ようこそ!ガミ流 音楽室へ ♪ を参照)の中でも、Ⅶm7(♭5)は響きが強烈なので、初心者のコード付けでは使いませんが、実際にはこのような形で使われることも少なくありません。

 

 

Ⅰ―Ⅴ―Ⅵm―Ⅲm―Ⅳ―Ⅰ―Ⅱm―Ⅴ

《C―G―Am―Em―F―C―Dm―G》

【15634125、15634125、15634125……】呪文のように覚えてしまいましょう(笑)。(ループが可能な)循環コードの一種で、いわゆる「カノン進行」と呼ばれているものです。

実際には【C―G/BAm―Em/GF―C/EDm―G】というBassの順次進行(Root音がスケールで下りてくる)の形で使われることが多い気がします。

 

(↓参考記事)

www.mybib-o-rock.com

 

 

Ⅰ―Ⅵm―Ⅱm―Ⅴ

《C―Am―Dm―G》

1・6・2・5進行。こちらも循環コードの一種です。後半は②に同じく「ツー・ファイブ・ワン」。

   

*バリエーションの例:

★Ⅰ△7―Ⅵm7―Ⅱm7―Ⅴ7(4和音化)

★Ⅲm―Ⅵm―Ⅱm―Ⅴ7(Ⅰを代理コードのⅢmに差し替え/Ⅲm以降は4度進行) 

 

www.youtube.com

 

 

⑥a:Ⅰ―Ⅰ△7―Ⅰ7―Ⅰ6《C―CM7―C7―C6》

⑥b:Ⅰm―Ⅰm△7―Ⅰm7―Ⅰm6

 《Am―AmM7―Am7―Am6》

同一コード内で内声を動かす「クリシェ」の代表的な進行です。aはメジャー(長調)の場合、bはマイナー(短調)の場合です。

www.youtube.com

 

*バリエーションの例:

C―CM7/B―C7/B♭―C6/A(6thや7thにあたる音をRootにし、半音ずつ下りてくる滑らかなベースラインに。こちらの方が多い気がする。)

C―CM7/B―C7/B♭F/A

 

Am―AmM7/G#―Am7/G―Am6/F#(上と同様。Bassの順次進行) 

Am―AmM7 (/G#) ―Am7 (/G) ―D7 (/F#)

Am―G#aug―C/G―D7/F#(一部コードの構成音から「ラ」を抜いた順次進行)

 

 

Ⅴ7sus4―Ⅴ7―Ⅰsus4―Ⅰ

《G7sus4―G7―Csus4―C》

どれか抜かしてもOKで、かつ、前半2つ(7th抜いても可)、後半2つだけでも使えます。sus4(サスフォー)については別途またご紹介しますが、定番で使われる進行です。前述【②Ⅱm―Ⅴ7―Ⅰ】等の進行に挿入も可能。 

「ド・ファ・ソ」→「ド・・ソ」と内声が動くのが特徴的。

www.youtube.com

 

G(7)sus4―G(7)―Cの場合は「ソレ(・ファ)」→「ソレ(・ファ)」→「ソミ」という「起立→気を付け→礼」のような内声の動きにより終止感が出せます。

ダイアトニック・コードの中では、トニック(Ⅰ)とドミナント(Ⅴ7)で使用可能です。

 

*バリエーションの例:

★Csus4[Cmsus4]―Cm(マイナーに行く時も使える。確かにCmsus4の方が分かりやすく伝わりそうだが、ネット上で若干お見かけする程度で、構成音は全く同じなのでCsus4と書くのが一般的である。)

★G7sus4―Gm7(マイナーに行く時にも使えるのは4和音の時も同様。)

 

★G7sus4―C(上の例【G7sus4―G7―C】のG7を挟まないやり方。内声の動きが「ド~」から「ド~ド~」になるので、そのままスライドした感じが出て違和感はない。終止感はやや弱まるが全然問題なく曲の終わりに使える。) 

 

 

a:Ⅳ―Ⅳm―Ⅰ《F―Fm―C》

⑧b:Ⅱm7―Ⅱm7(♭5)―Ⅰ

《Dm7―Dm7(-5)―C》

基本的には長調で使われます。aは、Ⅳm(=サブドミナントマイナー)を使用した進行で、②のバリエーションから発展させたbも似たようなサウンド感を表現できます。

「ド・ファ・」→「ド・ファ・ラ♭」→「ド・ミ・」という音の動きに基づく「サブドミナントマイナー」特有のノン・ダイアトニック・コード感を、あらゆるkeyで掴めるようになると聴き取れる範囲が広がります。 

 

*バリエーションの例:

★Ⅱm7―Ⅱm7-5(onⅤ)―Ⅰ△7《Dm7―Dm7(♭5)/G―CM7》

(②のバリエーション【Dm7―Dm7/G―C】を使った進行。個人的には何となくこちらの方がベース音的に流れが良いかなと思います。Ⅰをメジャー7thにすると「レ・ファ・ラ・」→「レ・ファ・ラ♭・」→「ド・ミ・ソ・」というTop Note(一番上で鳴っている音)の動きになって、より終止感が出せると思います。)

 

 

Ⅱm7―♭Ⅱ7―Ⅰ《Dm7―D♭7―C》

前述②のバリエーション。

間の♭Ⅱ7は、俗に「裏コード」(またはサブ・コード)と言われているものです。

当然ノン・ダイアトニック・コードですが、下の図に示しているように、本来のG7と同じトライトーンを持っているため、同じように内声を解決することができ、案外違和感はありません。②に比べると終止感は弱まりますが、ベースラインも半音ずつ下りてくるため、滑らかな流れの進行に変わり、Jazzやバラードなどでは効果的に使われます。

 [参考] 

f:id:gamiryu511woodcompose:20180510210120j:plain

 

*バリエーションの例:

★Dm―D♭―C(3和音でもOK)

★Dm7―D♭△7―C(裏コードをM7化。1音変えただけで、「レ・ファ・ラ・」→「レ♭・ファ・ラ♭・」→「ド・ミ・ソ・」となるため、⑦sus4の所で紹介したスライドした感じの内声の動きと同様の効果が出る。また、ベース音を除いた上の3音に着目すると、⑧a「F―Fm―C」と同じで、これに似たようなサウンド感も表現できる。)

 

*下の動画でも「裏コード(♭Ⅱ7)」に変える手法が紹介されていますので、ちょっとオトナな(?) Jazzっぽい独特のサウンド感をお楽しみください♪

 

 

Ⅵm―Ⅳ―Ⅴ―Ⅰ(―Ⅴ/Ⅶ)

《Am―F―G―C (―G/B) 》

6・4・5・1進行。小室哲哉さんが好んで使っていた、いわゆる「小室進行」です。

Ⅰの後にⅤ(onⅦ)を持ってくると滑らかな流れでループさせることも可能。

www.youtube.com

 

  

※その他にも色々なコード進行がありますが、また追って個別にオススメのコード進行としてこちらのブログで紹介すると思います。とりあえずよく出てくると思われるものを掲載致しました! 

 

☆実際のサウンドで雰囲気をつかんでみよう!

ただ文字で丸暗記するのではなく、やはり音楽ですから(笑!)、実際にどういう流れのサウンド感なのか、その雰囲気を掴めるかどうかが大切です。

前回記事(コードについて③(コードの絶対音感習得法?) - ♪ ガミ流の作曲・音楽理論。♪)で「トレーニング方法・B」として掲げた、コード進行が分かっている状態(コード譜を見ながら等)で曲を聴く作業で確認してみましょう!YouTubeにとっても良い動画がありましたので、それを題材に使ってみます。

動画は、ある進行をだんだんオシャレなコードに変えてみるというもので、実際の「リハーモナイズ」のやり方の解説にもなっていますので是非参考にしていただければと思います。

 

(例1)「①Ⅳ―Ⅴ―Ⅲm―Ⅵm」+「②Ⅱm―Ⅴ7―Ⅰ」

♪ さんぽ/井上あずみジブリアニメ映画『となりのトトロ』OP)

www.youtube.com

 

 (例2)「④カノン進行」

♪ キセキ/GReeeeN

www.youtube.com

※最初のG/Cは表記ミスで正しくはG/B。C→B→A→G…とベース音が滑らかに下がる順次進行に変わっています。

 

 (↓参考記事)

kewsplatz.hatenablog.com

 

*********************************************

今回はここまで。

次回も続きでコード進行に対する相対音感」をつけるためのトレーニング方法をご紹介します。上の内容を基本として身に着けた上で、色々なkey(調性)や楽曲の音源からコード進行が分かるかどうか、実際の例を使って試してみましょう。

どうぞお楽しみに♪

 

Ryuto Ikegami

 

Twitterもやっていますので、あわせてご覧ください! やっているという方は是非フォローしていただけると嬉しいです!

twitter.com

 

現在、読者の方募集中です!気に入って頂けた方、興味を持ったという方は下のボタンをポチっとお願い致します

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑