♪ ガミ流?ブログ ~音楽・作曲・理論 etc.~ ♪

作曲活動をしているRyuto Ikegamiが独自の視点で、曲作りのこと、コードのこと、気になった音楽のこと…など【音楽】に関する内容を語る場です。

音楽との出会いはテレビから

「テレビ イラスト」の画像検索結果

ご覧いただき有難うございます。

 

このブログの読者も徐々に増えてきていまして、本当に有難うございます!

そのお返しというわけでもないですが、私も読者になって下さった方の記事は時間の許す限りでなるべく見るように心がけております。

 

その中でちょっと興味深い記事がありましたので、私もこれに関連したお話を今回は綴ろうかなと思います。今回も雑談コーナーということで!

amrskjpn.hatenablog.com

 

 

☆はじめに

↑ブログの他に、私ツイッターもやっていまして(良かったらフォローしてください!)、こちらを見ていただければ分かると思いますが、私はかなりのテレビっ子です。。。 受け身タイプの自分にはぴったりな物なのです。

 

☆自分の受け身な性格

私はどうしようもなく受け身タイプの人間です。

幾つか例を紹介しましょう。 

音楽学校に通った理由の1つは、音楽の勉強を独学でやろうと思っても全くその気になれないので、強制的に学校に通わなくてはならないという状況を作るためでした。

作曲・DTMも、曲が自然と浮かんできて保存しておかなきゃと思った時 か 誰かから依頼を受けた時 でなければ全くモチベーションが上がりません。

その他、課題等をやる時も期限ギリギリにならないとやる気が出ません。これは学生時代からそうでした。

外出する際には目的地が無いとそうする気になれません。例えば近くをランニングしようと思っても、ゴールの地点を設定せず、ただ走ってきて戻るだけなのではやる気が出ません。

自分からは新聞とか本(マンガ等も含め)とか読みません。教科書やプリントを配布されたら、それで勉強します。

…etc. 

こんな感じで、本当にどうしようもない男です、すみません。

自分でも呆れるぐらいで直したい、治そうと何度も試みましたが、やる気が出る/モチベーションが上がるというのは精神的な問題で、何かで追い詰める形で上る(動機付けをする)以外に方法はないのだなと割り切ることにしました。

 

これは、音楽(楽曲)をチェックする時にも同じことが言えます。自分から興味を持って「このアーティスト聴いてみよう」とかってなりません。

アニメが好きとかって言っていますが、次のクールで何のアニメがやるのかなんて一覧等でチェックすることはなく、放送されそうな時間帯にテレビをとりあえずつけて、目に入ってくるものを見ます(この先何が放送されるのかが気になりだした時になってやっと番組表をチェックする感じです)

 

 

☆ネットの動画よりテレビ

そんな自分にはテレビがぴったりなのだと思います。

昨今「テレビ離れ」とかって言われていますが、必ずしもその全てがテレビ番組を見なくなったわけではないと私は思います。今やPC・スマホ等でインターネットにアクセスすれば、YouTube等の動画サービスや、オンデマンドサービスで番組自体は見られますから、放送の時間外で好きな時間帯にチェックされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、それは自分で番組をチェックして、見たいと思って能動的にインターネットにアクセスして視聴する行為ですから、当然受け身タイプの私はそうしません。要するに番組のチェックが面倒なんですね…(笑)

でも、テレビだったら、一回つけるだけで何かの番組は見られるし、つまらなければチャンネルをまわすだけです。ボタンを押すだけの行為で、細かく番組を調べる必要もありません。しかも私の場合はとりあえず9チャンネル(TOKYO MX)にしておけばだいたい見たい番組がありますので、本当に楽してしまっています(笑)

 

 

☆テレビ(主にアニメ)は音楽の情報源

私はテレビでは基本的に、

●テレビアニメ

●音楽関係の番組

●ニュース

ぐらいしか見ません。強いて言えば、ほとんどがテレビアニメ(深夜帯多め)です。

 

アニメを見るのは、もちろん絵が動いていて、個性的なキャラクターが喋っていて、時には声優さんの演技に感心し、色々な物語に出会えるからという純粋な理由もあります。

本(特に小説)を読む方も、恐らく自分が体験できない人生や世界観に出会いを求めてそうしているのではないでしょうか。その気持ちは私にもあるので、本を手にとる形で読むモチベーションになれない代わりの方法として、アニメを選択しています。

それから私は、文字を読んでそこに書かれている内容を把握したり、想像したりすることが苦手、というか(能力的に)出来ないと言ってもいいです。そういうこともあって、視覚的に訴えかけてくるアニメの方が自分には合っているという理由もあります。

 

しかし、それ以外にもっと重要な理由があって、それは新しい音楽の情報源になるからです。テレビアニメは番組の構成がしっかりしていて、ほぼ必ずOP(オープニングテーマ)とED(エンディングテーマ)があります*

*基本的には歌ですが、ごくまれにInstrumental楽曲のこともあります。

(掲載元: http://maniasaura.blogspot.jp/2014/08/oped1.html) 

 

1番組につき2曲で、これが何番組もあるわけです。少なくとも番組の倍の数の音楽に出会えるんですよ!?(この上に劇中の挿入歌や劇伴BGM、キャラクターソングも加えたら相当な数になります!) ちゃんとチェックすれば分かると思いますが、一口にアニメソング=アニソンといっても、そこには、アイドルものや、Rockっぽいもの、Jazzっぽいものもクラシックテイストのものもあって、よーく聴けばどのジャンルになってもエレクトロの要素が入っていたり…色々なカラーの音楽があります!

中には(主にキャラクターソングに多いですが)J-popや洋楽をカバーしたものもありますし、近頃はアニメの主題歌(歌以外でも作詞・作曲など)を担当するのがアニソンシンガーや声優さんだけではなくなってきていて、バンド等さまざまなアーティストを知る上でもアニソンは効果的です。

今や私はアニソン系統にこだわらずに聴くようになりましたが、アニメの主題歌がきっかけで知ったアーティストさん、バンドも少なくないです。また、アニメソングから入っていったおかげで、私には嫌いなジャンルの音楽というのがないのです。

 

音楽番組は言うまでもありませんが、テレビアニメもまた、音楽の情報源になり得ます。ただテレビをつけて見るだけで新しい音楽に出会えるなんて、これほど素敵なことはないと思います! アーティストやジャンルが偏らずに色々なものが聴けるので、常に新しい音楽をチェックするためのツールとして、特に受け身タイプの方には(笑)、テレビを勧めます!

 

というわけで、ちょっとした雑談でした。次回もお楽しみに♪

 

 

★現在、読者の方募集中です!気に入って頂けた方、興味を持ったという方は下のボタンをポチっとお願い致します

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑