♪ ガミ流?ブログ ~音楽・作曲・理論 etc.~ ♪

作曲活動をしているRyuto Ikegamiが独自の視点で、曲作りのこと、コードのこと、気になった音楽のこと…など【音楽】に関する内容を語る場です。

音楽劇「Īlias? serious!!」へ!

ご覧いただき有難うございます。

 

 

☆はじめに

だいぶ間が空いてしまいましたね…。楽しみに待って下さっている方には申し訳ないです。

私は並行してTwitterもやっていますので、もしよろしければこのブログの代わりに、Twitterの方も覗いていただけたら嬉しいです!生存確認が出来ますので!(笑)

twitter.com

*こちらのブログは真面目に読んで下さっている方もいらっしゃるようなので、しっかりと時間を取って、それなりに読みごたえのあるものが書けたら順次更新していこうと思います。

 

今回はちょっと長くなりそう(というよりはTwitterでは載せづらい感じ)なので、久々にこちらの更新となります。

 

☆音楽劇の観覧へ

昨日(7月10日,初回公演)になりますがこちら▼の音楽劇を見に行かせていただきました!

f:id:gamiryu511woodcompose:20180711215245j:plain

f:id:gamiryu511woodcompose:20180711215533j:plain

実は出演者のお1人が学生時代のクラスメイトで、同じくクラスメイトだった友人と一緒にご招待いただいて、足を運びました。

 

とにかく大変膨大なセリフの分量や立ち回りを見事にこなす演者の皆さんに圧倒されっぱなしでした! 途中休憩を挟んで100分ほどの長さでしたが、本当にあっという間!

f:id:gamiryu511woodcompose:20180711221748j:plain

(他サイトhttps://camp-fire.jp/projects/view/10002より写真をお借りしてしまっていますが)

会場はこのような感じです。下の1階部分に客席が設けられて、ステージと2階を広く使って劇が繰り広げられました(途中階段を上がったり下りたりなんていう場面も)。

 

そして、"音楽劇"なので、何と生バンドの演奏を何回か挟んでいました。演奏はもちろんのこと、会場が良かったのでしょうか、音響も良く感じられて、こちらも凄いなぁと感心しきり。

主宰のWATANABEさんがギターで弾き語る以外は、ステージ左奥にドラム、1階の右側(=上の写真で言うとちょうど茶色い椅子が置いてある所)でその他の楽器が演奏するという配置になっていて、PAなんかも大変なんだろうなと思いました。。。

 

こういうミュージカルのような形式のものを見に行ったのは、もしかして初じゃないかと思うくらい久々だったので、近頃多かった歌のライブとはまた違う感じで楽しめて、とても良い刺激になりました!!

 

演者や楽器プレイヤー、スタッフの皆様、本当にお疲れさまでした!

 

Ryuto Ikegami

 

 

このブログに少しでも興味を持ったという方、また気に入ったという方は下のボタンをポチっとお願い致します!!

 

▼ Twitterもやっていますので、どうぞご覧下さい!!アカウント持っていらっしゃる方は是非フォローをお願いします!!